2005年10月23日

歴史の本:中国がひた隠す毛沢東の真実

北海 閑人
発売日:2005/09/25
価格
北京在住・匿名言論人の告発。
毛沢東に関する意外なトピック満載。毛沢東が自らの権力闘争から党幹部の墓壊しを紅衛兵に許したため中国全土から墓が消えてしまった!マルサスの人口論を下敷きに中国の人口爆発問題をいちはやく警告していた学者...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(3) | 歴史の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

歴史の本:大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書

東条 由布子
発売日:2005/08
価格
貴重な史料
極東国際軍事裁判で絞首刑に処された東條英機の宣誓供述書。GHQ発禁第一号とされた史料である。東條英機本人の思想や記憶が率直に語られ、純粋に史料として面白い。主な内容としては@開戦時日本は、連合国の経...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 歴史の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歴史の本:アースダイバー

中沢 新一
発売日:2005/06/01
価格
乾いたところ、湿ったところ。
縄文時代。いまよりも気候が暖かかったころ(縄文海進期)、海面はいまよりも高かった。東京の地形を考えると「フィヨルド」のようであったであろうと著者は予想し、当時の地図を作成する。すると、驚くべきことが...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 23:38| Comment(12) | TrackBack(2) | 歴史の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歴史の本:白洲次郎 占領を背負った男

北 康利
発売日:2005/07/22
価格
憲法の制定過程に「この国のかたち」を見る
白洲次郎氏の生き方は確かにカッコイイ。しかし、この本の白眉はそこにあるのではなく、憲法の制定過程を生々しく見せてくれたことだと思う。憲法を取り上げるにも色々な切り口がある。「私たちが書く憲法前文」の...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(3) | 歴史の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

歴史の本:朝鮮紀行―英国婦人の見た李朝末期

イザベラ・L. バード
発売日:1998/08
価格
著者の冷酷な視線が突き刺さる
先進国のインテリである著者は、あたかも研究対象を観察する学者のごとく末期李朝を眺める。その自分の価値観に疑いを持たない著者の姿勢は批判も可能だろうが、物分りの良い文化相対主義を粉砕するほど彼女の描く...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 20:46| Comment(14) | TrackBack(5) | 歴史の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。