2005年10月23日

ツバサ:漫画:CLAMP:ツバサ―RESERVoir CHRoNiCLE (1) 少年マガジンコミックス

CLAMP
発売日:2003/08/12
価格
イイ作品になることでしょう
 CLAMPといったら「カードキャプターさくら」しかイメージがなかったので、こんな作品を書くとは思っていませんでした。少年誌で連載されていることに違和感がありません。 CLAMPのキャラクターがオー...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(3) | ツバサ(漫画:CLAMP) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検定の本:京都・観光文化検定試験公式テキストブック

京都商工会議所
発売日:2005/03
価格
京都を愛するあなたへ、オススメします
京都の中京に生まれ育って50年の京都人です。京都の大学で日本史を専攻しましたので少しは京都のことを知っているのではと思いこの本を購入しました。京都の文化や歴史って本当に奥深いですね。知っているようで...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 資格・検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涙が止まらない本:逝きし世の面影

渡辺 京二
発売日:2005/09
価格
国籍を問わず日本に携わるあらゆる人に読んでもらいたい本
つい150年前まで、わが国日本はこんなにも微笑ましく美しくまた優しかったのか、思わず引き込まれずにはいられない、そんな本です。当時の日本の情景−風景も人々もそして空気さえも−が目の前に浮かんでくるよ...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 00:30| Comment(14) | TrackBack(2) | 涙が止まらない本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歴史の本:中国がひた隠す毛沢東の真実

北海 閑人
発売日:2005/09/25
価格
北京在住・匿名言論人の告発。
毛沢東に関する意外なトピック満載。毛沢東が自らの権力闘争から党幹部の墓壊しを紅衛兵に許したため中国全土から墓が消えてしまった!マルサスの人口論を下敷きに中国の人口爆発問題をいちはやく警告していた学者...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(3) | 歴史の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

歴史の本:大東亜戦争の真実―東条英機宣誓供述書

東条 由布子
発売日:2005/08
価格
貴重な史料
極東国際軍事裁判で絞首刑に処された東條英機の宣誓供述書。GHQ発禁第一号とされた史料である。東條英機本人の思想や記憶が率直に語られ、純粋に史料として面白い。主な内容としては@開戦時日本は、連合国の経...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 歴史の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歴史の本:アースダイバー

中沢 新一
発売日:2005/06/01
価格
乾いたところ、湿ったところ。
縄文時代。いまよりも気候が暖かかったころ(縄文海進期)、海面はいまよりも高かった。東京の地形を考えると「フィヨルド」のようであったであろうと著者は予想し、当時の地図を作成する。すると、驚くべきことが...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 23:38| Comment(12) | TrackBack(2) | 歴史の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歴史の本:白洲次郎 占領を背負った男

北 康利
発売日:2005/07/22
価格
憲法の制定過程に「この国のかたち」を見る
白洲次郎氏の生き方は確かにカッコイイ。しかし、この本の白眉はそこにあるのではなく、憲法の制定過程を生々しく見せてくれたことだと思う。憲法を取り上げるにも色々な切り口がある。「私たちが書く憲法前文」の...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(3) | 歴史の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

歴史の本:朝鮮紀行―英国婦人の見た李朝末期

イザベラ・L. バード
発売日:1998/08
価格
著者の冷酷な視線が突き刺さる
先進国のインテリである著者は、あたかも研究対象を観察する学者のごとく末期李朝を眺める。その自分の価値観に疑いを持たない著者の姿勢は批判も可能だろうが、物分りの良い文化相対主義を粉砕するほど彼女の描く...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 20:46| Comment(14) | TrackBack(5) | 歴史の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

ラブストーリー:蝉しぐれ

藤沢 周平
発売日:1991/07
価格
すばらしいラブストーリー
この小説は、すがすがしい読後感を残すという。そうだろうか。私には、たいへん辛い、悲しい物語に思える。青春小説かと思って読んでいると、権力抗争の物語になり、終章にいたって、美しい、しかし限りなく切ない...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文芸作品:1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記

木藤 亜也
発売日:2005/02
価格
価値観が変わりました
自分は今、OT(作業療法士)の学校に通っています。そこでの授業で課題図書があり、興味を持って手に取ったのが本書でした。日記形式なのでとても読みやすく、一気に読めました。最初は、亜也さんが病気と闘いな...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(2) | 文芸作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

文芸作品:東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

リリー・フランキー
発売日:2005/06/28
価格
東京タワー
久々に本を読みながら涙が流れました。何の特別な存在でもない。同じ時代を生きたひとりの人間、それをとりまく家族。たぶん・・どこにでも転がっているようなよくある話。でも、正直参りましたm(__)m親を思...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

心理学:図解雑学 心理学入門

久能 徹
発売日:2000/12
価格
まさに入門用
大きな硬い内容の本から心理学を始める必要はないと感じました。大学の勉強の予習などに非常に重宝すると思います。1テーマにつき充てられるページは少ないですが、シンプルに分かりやすく書かれています。基礎知...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心理学:心理学―心のはたらきを知る

梅本 堯夫
発売日:1999/12
価格
とってもわかりやすい!!
心理学的現象について、平易な文章で分かりやすく、図や表を用いながら書かれてあるので、学生にはもってこいの本である。心理学を初めて学ぶ人にはぜひ読んでもらいたい1冊である。...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 21:23| Comment(10) | TrackBack(1) | 心理学の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

文芸作品:イン・ザ・プール

奥田 英朗
発売日:2002/05
価格
現代人の心のビョーキを面白おかしく風刺している
それぞれ「水泳依存症」「陰茎強直症」「被害妄想」「ケータイ依存症」「強迫神経症」の、神経科を訪れる患者達の視点で描かれる短編集。医師「伊良部」は本当にとんでもない精神科医なのだが、様々な心の病気を抱...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 22:40| Comment(14) | TrackBack(3) | 文芸作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

二人が睦まじくいるためには

吉野 弘
発売日:2003/10
価格
詩人のまっすぐで、あたたかな言葉が胸に染みる、とても素敵な詞華集です。
 タイトルの『二人が睦まじくいるためには』は、本書の冒頭に収められた「祝婚歌」の最初の一行からとられています。吉野弘さんの詩の花束から32編を選び、最後に、「祝婚歌」に寄せた茨木のり子さんの文章を載...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ。
posted by 本の人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩と歌の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

釣り上げては

アーサー ビナード
発売日:2000/07
価格
読んでいて胸が痛くなる日本語
 参りました。ビナードさん、日本で幼少時代をすごしたわけでもないあなたが、これほどまでに見事な日本語で日本人の胸をうつ詩をつづっておられることに脱帽します。そして日本語の奥深い可能性を改めて教えてく...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ
posted by 本の人 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩と歌の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビギナーズ・クラシックス 万葉集

角川書店
発売日:2001/11
価格
手軽に楽しむ『万葉集』
『万葉集』の名歌140首を選んで解説したこの本は、「ビギナーズクラッシクス」の名のとおり入門編としてとても読みやすい本です。歌、解説ともすべてルビが振ってあるので言葉に出して読むときも間違えずに読む...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ
posted by 本の人 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩と歌の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中原中也詩集

中原 中也
発売日:2000/03
価格
中原中也と小林秀雄
中原中也がいかに所謂「センチメンタリズム?」などとは無縁の境地で偉大であったか、そのことをはっきりと認識できた者がさほど多いとは思えない。中也は、ランボオと手を携えながら、ホメロス以来の詩魂を我が物...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ
posted by 本の人 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 詩と歌の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青春とは

新井 満
発売日:2005/03/24
価格
新井満さんの「新訳(意訳)」非常に現代の全ての人の心に響いています!
〜サミュエル・ウルマンの「青春とは…」というと、私のような中年に差し掛かった年代では、必ず「先人」がこの文章を引用して、例えば研修時に、あるいは営業マン・ウーマンに向けて「人生は、気持ちの持ち方が大...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ
posted by 本の人 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩と歌の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千の風になって

新井 満
発売日:2003/11
価格
何も考えずに・・・・
新聞を読んでいてこの本が紹介されていたので、気になって購入しました。とても素晴らしい詩です。そして写真も素晴らしいです。 大切な人をなくしてしまった人に、どんな言葉かけたらいいのか分からない時、この...
あまなつ同じレイアウトで作成














詳細はコチラ
posted by 本の人 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩と歌の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。